ハイブリッドカーの中古車選びの注意点

ハイブリッドカーの中古車の購入を検討している場合、バッテリーの寿命と修理費が高額になる場合があるので、これらの事を考慮した上で検討する必要があります。バッテリーの寿命は、運転の仕方などによって左右され、EVモードを多用した走行や電池を完全に使いきった後にフル充電するような使い方だと、バッテリーの寿命を短くさせるので交換時期も早くなります。バッテリーの交換は、保証範囲内であれば無償で交換してくれる場合もありますが、自己負担の場合は15~30万円程度必要になるので、中古車が安く売られていてもバッテリーの交換代を考えると高くなる場合もあります。また、近年のハイブリッドカーに搭載されているバッテリーは、10年以上経過していても高寿命の物が多くなっていますが、モーターによるアシストが少なくなるので燃費の悪化に繋がる可能性があります。

修理費は、ハイブリカー特有のシステムを搭載していて、システムにトラブルが生じると警告灯が点灯するのですが、まれに古い年式のハイブリットカーの場合は故障している可能性があり、システム交換する際には20~50万円の費用が発生します。これらの事を考慮した上で、ハイブリットカーの中古車を購入する場合は、新しい年式で走行距離の少ない中古車を選ぶようにするのですが、長時間展示してあるハイブリットカーの場合、自然放電によって劣化が進んでいる可能性があるという点にも注意が必要になります。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*