廃車をする前に自己点検!

廃車をする前に自分で点検をしてみよう!点検する箇所は、残りの燃料・エンジンの音・動くかどうかなど基本中の基本なので誰でもできる内容の点検です。この簡単な点検だけで、問題がなければ即処分にするのでなく、もう少し処分方法の検討の余地があります。車を廃車にするときには、車屋では必ず処分費用が発生し、費用的には約3万円前後発生します。状況によってこの費用をなくすことができます。

まずは、本当に自分の車が廃車の方法しか道が無いのかを調べます。ネットなどで車の簡単な情報を入力するだけで見積もりが出るので試してみます。見積もりの結果が、値段がつけば廃車でなく中古車として処分したほうがお得です。値段がつかず処分費用が掛かるのであれば廃車が決定となります。

値段がつかない場合は、中古車屋に依頼を行わずに、専門業者に依頼をします。こちらもネットなどで車の情報を入力すれば見積もりがでるので、条件のいいところに依頼を行います。中古車屋は車を車の価値としてしか見ませんが、専門業者は車を車としてだけでなく、資源としての価値も見るためにどのような車でも値段が付きます。たとえ不動の車でも引き取りを無料で行ってくれます。

業者への依頼を行うと、手続きの書類が郵送されます。後は、その書類の手続き順に行えば完了します。業者は、税金の年度末である3月が一番の繁忙期であるために手続きを3月に行う時は、先に車のナンバーを郵送して手続きを行い、あとで車の引き取りを行うなどの方法もあります。トラックのレンタルのことならこちら

Leave a comment

Your email address will not be published.


*