中古車を購入する時に値引きしてもらうコツ

車を購入する際、新車はもちろんのこと中古車も値引きの交渉をするのが常套手段となっています。しかし、中古車は新車と違って、元から安くなっていることや、車の状態によって値段が決まってくるため他社との比較も安易にしづらいこともあって、新車よりも値引き交渉が難航する可能性が高いです。中古車を値引きしてもらうためには、どんなコツがあるでしょうか。まずは、代行費用関連を削減するという方法です。

購入の際に作成される見積書の内訳の中に、代行費用という項目があります。これは、名義変更などの手続きを中古車販売店が代わりに行ってくれるというものですが、車庫証明や名義変更はそこまで難しい手続きでもなく、費用もさほどかからないため自分で手続きを行ってしまいましょう。そうすることで、総支払い額をおさえることができます。次に、メインである値引き交渉ですが、「こちら側の予算の提示する」「販売店側の下げられる限界点を聞く」などで目安と着地点を作りましょう。

攻めすぎず守りすぎず、ほどほどが肝心で、適切なところで値段の折り合いをつけるのも大切です。また、他社でも見積もりを出していることを伝え、プレッシャーを与えるというごく一般的なテクニックも使用しましょう。そして、ここが値引きの限界点だな、と感じたら最後に気になる傷やへこみを直してもらうように交渉しましょう。中古車には傷やへこみがあることも珍しくありません。

販売店によっては、無料で修繕してくれることもあるためぜひ一度相談してみましょう。トラックのレンタルのことならこちら

Leave a comment

Your email address will not be published.


*